講師プロフィール

金澤 武男 先生

takeo-kanazawa

名前

金澤 武男(かなざわ たけお)

肩書

古典文学研究家

出身地

福島県福島市

出身大学

東北大学

自己PR

ここ十数年、日本の古典を調べて楽しんでいます。時を越えて語りかけてくれる様々なことに出逢う喜びは格別です。発見発見の毎日で、皆様にもぜひ味わっていただきたい世界です。

メッセージ

どなたにも分かりやすく、かみ砕いたお話を心がけています。軽妙な語り口の、心温まる楽しいお話を聞くことができますよ。お楽しみに。

趣味

自然探勝、写真、ガーデニング、読書、登山、ドールハウス作り etc...

好きな言葉・座右の銘

ありがとう 日日是好日

担当講座

  • 415 深読み 源氏物語 秋〜宇治十帖を読む〜

    今回は「宇治十帖を読む」の(1)として、次の内容の講座を予定しております。
    宇治十帖までは読んだことがないという方も大歓迎です。
    易しく砕いてお話させていただきます。
    1 宇治十帖への道 1 (41帖「幻」まで)
    2 宇治十帖への道 2 (42~44帖「匂宮」~「竹河」)
    3 宇治十帖の幕開け
    4 八の宮の訓戒
    5 そっぽを向く薫
    6 突き進む匂宮

  • 445 万葉集の世界〜「令和」の魅力~

    今回は、下記の内容で、「梅花32首」を中心にしながら
    万葉集の魅力に迫っていきます。

    1 「梅花の歌32首」の「序」を味わう
    2 宴の雰囲気を味わう1(1,300年の時を越えて)
    3 宴の雰囲気を味わう2(心に寄り添う憶良の歌を中心に)
    4 宴の雰囲気を味わう3(願いに満ちた旅人の歌を中心に)

  • 413 深読み 源氏物語

    今回は「深読み 源氏物語」として、重要な登場人物の心の深淵と出来事の深層を覗いてみます。皆さんも新しい発見をしてください。

    1 空蝉と藤壺の重要性
    2 藤壺の苦悩
    3 紫の上の苦悩
    4 玉鬘の暗示するもの
    5 「幻」の帖の源氏
    6 偉大な桐壺帝

  • 454 早分かり 源氏物語Ⅱ

    分かりやすい『源氏物語」のお話です。今回は、弘徽殿女御、葵の上、朧月夜、末摘花、源典侍、花散里など物語を彩る個性的な女性の紹介です。物語りの読み方などにも触れます。

    1.源氏の天敵、弘徽殿女御のお話

    2.最後の時を迎え氷の溶ける葵の上のお話

    3.すべての原因を作りながら憎めない朧月夜のお話

    4.誤解だらけ、かわいそうな末摘花のお話

    5.恋のレジェンド源典侍のお話と、こころの港花散里のお話

    6.歌物語としての源氏物語の魅力

  • 445 早分かり 源氏物語Ⅰ

    誰でも名前を聞いたことのある源氏物語。でも、ほとんどの方が知らない源氏物語。その源氏物語の世界に、やさしく楽しくご案内いたします。講座が終われば、あなたは源氏物語通。(こんなお話だったんだ。聞いてびっくり。うん、確かに最高傑作だ。わかって納得。)

     

    第1講座 6回シリーズの内容は

    1. 「光源氏の父と母、世紀の悲恋物語」と「光源氏の永遠の想い人『藤壷』の物語」
    2. 「光源氏の終生の伴侶『紫の上』の物語」
    3. 「光源氏の運命を変えた『六条御息所』と『女三宮』の物語」
    4. 「予言成就のための登場?『明石の上』の物語」
    5. 「こんな風に読めば面白み倍増『歌を読む』『行間を読む』」
    6. 「想像を絶す源氏の豪奢な暮らし」